ika621

Welcome to my page!

Loading,
0
% complete
  • May 22, 17


    先月から子どもと一緒に、自宅でミニトマトを育てています。

    最近5歳の娘は、植物に興味津々です。
    草花を摘んできては土に植え、柑橘系の果物を食べた際に種が出てきたら土に植えています。
    とても良い傾向だなと思っています。

    一昨年ペットボトル栽培でバジルといちごを育てましたが、今年は「土」を使って育てることにチャレンジします。


    そのまま育てる「トマトの土」

    まずはホームセンターへ。苗を含めて道具一式を揃えるために行ってきました。

    土やプランター、肥料などバラバラと買うのも良いのですが、これさえあればOKな「KAGOME そのまま育てるトマトの土」を購入しました。


     

    鉢やプランターが不要で袋のままトマトを育てられます。軽いし、育て終わったらそのまま捨てれるのもメリットです。 トマトにこだわって開発してあるので失敗が少ないのが特徴となっています。

    この土とそして苗、支柱を購入してきました。全て揃えて1500円程でした。土だけで1000円弱しますが、メリットやコストを考えるとこっちのほうが良いかなと思います。本当にお手軽に家庭菜園ができてしまいます。

     

    日当たりが・土の品質・少し高めの苗ということで、かなり良い感じで成長しています。

    植えてから1ヶ月ほどでここまで成長しました。鈴なりになってくれることを期待しています。大量に採れるといいな〜。

    5歳の娘はミニトマトを好んで食べるのですが、3歳の息子は大の野菜嫌い。
    可能な限り水やりとか観察をさせて、自分で育てた野菜を食べる喜びを感じてもらいたいと思っています。

    また、『自分でやった方が早い病』という本に載っていたのですが、心を変える行動・我欲を捨てる行動に植物に水をやることが挙げられています。ここでは詳細は書きませんが、自分が人として成長するための行動として意味を持たせることができるのではないかなと考えています。

    とにかく楽しみながらトマトを育てていきたいですね。他の野菜も育ててみたいなと思っているika621でした。
  • 〜初めてのスマートウォッチは「Withings Steel HR」に決めた!〜 パンチラ日記 Vol.21【2017/01/20版】
  • 〜4ヶ月目にして未達!2017年4月のランニングログ〜 パンチラ日記 Vol.27【2017/05/04版】
  • 〜初月は目標達成したぞ!2017年1月のランニングログ〜 パンチラ日記 Vol.22【2017/02/02版】
  • 〜久しぶりにスマホゲームにハマってしまった「DFFOO」〜 パンチラ日記 Vol.23【2017/02/24版】
  • 〜2月もなんとか目標達成!2017年2月のランニングログ〜 パンチラ日記 Vol.24【2017/03/01版】  
  • May 21, 17

    ブックデザイン:吉岡秀典

    「まわりの人への任せ方がわからない」「いい仕事があがってこないから任せたくない」「教える時間がないから自分でやる」これは「自分でやった方が早い」という病気。

    言われるまで自分の働き方が普通で、その状態が病気という意識すらないという人が多いのではないでしょうか。

    この病気を克服するかしないかによって、仕事で見れば数年後、人生で見れば数十年後の結果は大きく変わってくるのです。

    自分でやった方が早い病』(星海社新書)という本は、病気の症状・原因・治し方まで丁寧に書かれている本です。タイトルにピンと何かを感じた人は心当たりが何かあるはずです。ぜひ手にとって読んでみてください。


    2種類の思考

    「自分でやった方が早い」という思考には以下の2種類あるそうです。
    1. まわりよりも自分がデキてしまう
    2. 相手に悪いし、お願いが下手だから
    1に関しては、結果を残してきた元プレーヤでリーダーになりたての人がよく陥る思考。自分が結果を残せたのになぜできないのか、同じようにやれば自分と同じ結果を残すことができる、すべて自分でやってしまったほうが早いなど、自分中心となってしまう。プレーヤーからなかなか抜け出せない状態。

    リーダーになりたての場合、仕事に慣れるのにいっぱいいっぱい、でも上からはごちゃごちゃ言われるという板挟み状態。結局自分でやってしまおうというサイクルになりやすい環境です。

    2に関しては、任せることが良いことだとわかってはいるけど、相手のことを考えすぎてしまう人が陥る思考。気を使いすぎるタイプ、コミュニケーションが苦手な人に多いと思われます。

    どちらの思考にせよこの「」を克服しないかぎり自分の未来はないと断言できます。

    あなたがいなければ会社が回らないという状態は、あなたにとっては自慢になるかもしれませんが、会社の経営としては危険な状態です。(P18)

    会社・組織に属している以上は自分ひとりだけの問題ではないということです。リーダーになった以上自分の考え方・行動がチーム・組織そして会社に与える影響というものを真剣に考えなければいけないのです。

    目の前の業務の遂行だけではなく、もっと全体を見渡す度量を身につけなければなりません。

    自分でやった方が早い病

    病が進行すると、ストレス・仕事・病気のすべてを自分で抱え込むようになって、最終的には心身ともに壊れてしまいます。笑顔と余裕も消えて気がつけばまわりから人がいなくなっている状況に。回りに会社に来ていない人はいませんか?前述した2タイプの思考がにじみ出ている人ではありませんか?

    病の原因はどこにあるのでしょうか。自分の利益しか考えていない、すぐに結果を求めすぎる、自分が模範となる行動をとっていない、表舞台から姿を消すことができないことが挙げられます。一言でまとめてしまうと、自己中心的な考え方で、自分が大好きだということです。それでいて病になるのだから自爆もいいところです。

    しかし「病気」ということに気がつけたのであれば、進行を食い止め、いくらでも改善することができます。今すぐにでも思考・行動を改め病気の克服に取り組みましょう。

    病を克服すると、組織として安定した業績を残し自分も含めて常に成長し続けることが可能になります。自分の回りがデキる人だらけになるからです。自分ひとりだけの力ではなく、みんなの力で乗り越えることができます。仕事に対して100のパワーを使っていたところ5人でやれば20のパワーで済ませることができますからね。(そう上手くはいきませんが考え方の例えです。)

    克服のポイント

    体質を改善しなければ健康にならないのと同じで、根本的に生き方を改善しなければ、この病を治すことはできません。(P119)

    「生き方を変える」それは簡単そうでとても難しいことです。長いスパンで気長に取り組む必要があります。そして仕事を任せる・お願いすることが重要になってきます。その最適な方法がこの本には書かれています。

    ここでは敢えて克服のポイントを書くことはしません。なぜなら自分自身で「病気」であることを自覚して欲しいからです。改めて自分の状況を思い浮かべてみてください。自分でやった方が早い病という病名を聞いて何か感じましたか?

    ここで「病気」であることを自覚できたのであればまだ対処法の余地があります。この本を是非読んで下さい。

    まとめ

    実はこの本は会社のメンバーに薦められた本です。人をまとめる立場の自分に対して、警鐘を鳴らしてくれたのだと思います。その人からしたら自分はきっと病気であると感じたのでしょう。恥ずかしい話ではありますが、気づくことができたので、そのメンバーにはとても感謝をしています。

    この本を読んで考えついたのは、自分が居なくても業務が回る組織こそが最強ではないかということです。そこが究極のゴールでではないかと。

    権限の関係上自分にしかできない仕事もありますが、それ以外は他の人でも遂行できるように業務をブラッシュアップしてく必要があると思いました。そこにたどり着くには業務を理解すること・マニュアル化することが必要になってきます。例え人が入れ替わったとしても問題なく回るような組織になるには時間がかなりかかりそうです。

    そんな組織づくりを目指し行動すること・何かあったら責任を追うことがリーダーとしての役割だと改めて感じさせられた本なのでした。

    早い段階で気がつくことができて本当に良かった!

     
     
  • あっという間に月25万PVをかせぐブログの作り方 ~2つのアプリ~
  • 「反応しない練習」をすることで全ての「悩み」は解決できる!
  • イライラと不安は「考えない練習」をすることで直せる!もっと五感を使おう
  • 『遅読家のための読書術』で月20冊読破が当たり前になる!
  • [R+]おもしろさにはルールがある!?「初対面でも話がはずむおもしろい伝え方の公式」レビュー
  • May 18, 17


    埼玉県は富士見市のららぽーと富士見の中にある未来の遊園地「チームラボアイランド」に行ってきました。

    世界で累計300万人以上を動員しているチームラボの教育プロジェクト 「チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地-」の国内常設1号店となっています。

    チームラボとは・・・・

    東京大学発のベンチャー企業として知られている。ウルトラテクノロジスト集団を自称し、プログラマ(アプリケーションプログラマ、ユーザーインターフェイスエンジニア、DBエンジニア、ネットワークエンジニア)、ロボットエンジニア、数学者、建築家、ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、CGアニメーター、編集者など、情報化社会のさまざまなものづくりのスペシャリストから構成されている。芸術を主体とした先鋭的なモノ作りを得意としている。
    引用元:チームラボ – Wikipedia

    最新のデジタル技術を使った子どもから大人まで楽しむことができる空間でした。

    ワクワクする空間

    中はこんな感じで結構暗いです。アトラクションが光り輝いているのでとても魅力的に映りますね。

    この空間を見ただけで大人も子どももワクワクしてしまいます。

    土日だと入場するまでに結構並ぶので「早く入りたーい!」となるのは当然でしょう。見るからに楽しそう。


    最近できたアトラクションがこちら「すべって育てる! フルーツ畑」です。

    滑り台に映像が映し出されていて、滑ることで映像も連動して変化します。飛んでいるボールが種や花に当たると植物が育っていく仕組み。映像の中身まではまだ理解できない年頃でしたが、滑ることで映像が変化するのがとても楽しいらしく何回も滑っていました。


    こちらは「つくる!僕の天才ケンケンパ」というアトラクション。

    画面上で自分の好きなように足場を設置してケンケンパをして遊ぶことができるアトラクションです。


    足場を踏むと音が鳴り、水面に広がって行きます。

    自分で作ったコースなのでなおさら楽しいようです。夢中でぴょんぴょん飛び跳ねていました。


    こちらは「小人が住まうテーブル」。その名の通りテーブルの中に小人が住んでいます。

    手やモノを置くことで小人が様々な反応をしてくれるのが楽しいテーブルです。

    どういう仕組みかはわからないので不思議な感覚に陥ります。


    光のボールでオーケストラ」というアトラクション。

    光のボールがたくさん設置されていて、ボールを転がすと音が鳴ったり、色が変化します。

    子どもが大好きな「光」と「ボール」が組み合わさっているのだから楽しくないはずがないですよね。


    つながる!積み木のまち」。

    テーブル上に積み木を置くと道が繋がって、乗り物が走り出します。机いっぱいに小さな街を作ることができます。

    たくさんつなげることで乗り物がアップグレードされていくのが楽しいです。


    そして何と言ってもオススメなのが「お絵かき水族館」です。

    子どもが描いた魚が壁面いっぱいの水槽の中でいきいきと泳がすことができます。たくさんの魚が泳いでいるので観ているだけで楽しめます。他の子どもの絵はどれも素晴らしく子どもの感性に感心してしまいます。

     


    子どもが描いた魚をお姉さんのところに持っていくとスキャンしてくれます。

    ScanSnapと出会えるとは!大活躍!


    数秒後に水槽の中に登場します。ゆらゆらとゆっくり動いていると思いきや急速にスピードをあげたりと、本当に命が吹き込まれたようで面白いです。

    自分が描いた魚が動くのを見て大興奮していました。描いた絵は持ち帰ることができます。

    まとめ

    光・音・映像とデジタルの長所を最大限に活用した遊園地です。現在の技術って本当に凄いと驚きました。

    子どもだけではなく大人も一緒になって楽しめます。
    中でも「お絵かき水族館」では子どもと一緒に夢中になって塗り絵を楽しいんでいる親がたくさんいました。みんな夢中なので思わず笑顔になってしまいました。

    行くのであれば1日いられるフリーパスがオススメです。と言っても4人いるとそれなりのお値段になりますが・・・ららぽーとに行く機会があればぜひ行ってみてください。以上ika621でした。

     
    • ららぽーと富士見 〒354-0022 埼玉県富士見市山室1丁目 1313 正面入り口(バス停そば)から入り、2階の右奥
    • 10:00~18:00(最終入場 17:30)
    • 大人・こども共通
      (1)フリーパス 1,200円(営業時間中終日ご利用・出入り可能)
      (2)時間制プラン 最初の30分500円 以降30分毎に500円(自動延長)
      ※上記は(1)(2)ともにお一人様のご利用料金です。
      ※小学生以下のお子様のご入場は、保護者の方(※扶養者、または20歳以上のそれに準ずる方)の同伴が必要です。
      ※2歳以下無料
     
  • あの童話にインスパイアされた公園「あけぼの子どもの森公園」に行ってきました
  • 西武園遊園地に「結婚したくなるイルミ」を観に行ってきました
  • 家族で楽しくぶどう狩り!所沢ぶどう園に行ってきました
  • 子供と一緒に楽しめる!行って良かった関東近郊の動物園5選
  • 食と健康のユートピア!?豚肉のテーマパーク「サイボクハム」へ行ってきました
  • May 15, 17


    コカ・コーラのトクホ・機能性飲料を買うとLINEギフトコード100円分が必ずもらえるキャンペーンを実施しています。

    有料のLINEスタンプは欲しいけど、お金を出してまで買いたくないなと思っていた人には最適のキャンペーンではないでしょうか?

    キャンペーン内容

    コカ・コーラのトクホ・機能性飲料についているこの緑のポップが目印です。このポップが付いていない商品は対象外となりますのでご注意ください。なくなり次第終了となります。

    キャンペーンの対象期間は2017年5/8(月)~ 7/2(日)です。


    ポップの裏面のシールを剥がすとシリアルコードがありますのでキャンペーンサイトに入力をすると100円分のLINEギフトコードがもらえます。コードの入力期限は2017年7月31日(月)の23:59までとなっています。

    まとめ

    トクホ・機能性飲料は普通の飲料よりも高めですが、100円分のギフトコードが貰えるのはかなりお得だと思います。

    現在(5月16日)メンテナンスにより受付不可となっているようですが 10時より受付再開とのことです。

    LINE好きの人はたぶんまとめ買いをすると思うので、売っているのを見つけるのが困難になるかもしれません。見つけたら迷わずゲットしてくださいね。ちなみにika621はよく行くスーパーでゲットしましたよ〜!
  • おまえは今まで@ushigyuの自炊を生で見たことはあるのか?
  • 100円均一の「B6 チャック付き整理パック」がお風呂でkindleを読むのに最適だった
  • 休日なにしよう?を解決する「Holiday」Evernoteにクリップ必至!
  • 「避難勧告」って何?自分の身を守るために知っておこう
  • 誰でも簡単に作れる万能調味料「塩トマト」の作り方
  • May 14, 17


    いつもPunksteadyを読んでいただきありがとうございます。ika621です。

    先月末に当ブログのテーマをおよそ3年半ぶりに変更しました。よしあかつき.net yosiakatsukiさんが作っている無料のWordpressのテーマ「yStandard」を使用することにしました。


    サイト表示高速化、Google PageSpeed Insightsでの高得点獲得に重点を置きながら、カスタマイズしやすい形を目指したWordPressテーマです。テンプレートと機能面をなるべく分離し、子テーマで拡張することを前提に作っています。表示に関するいろいろな部分が関数化されているのでやや癖のあるテーマですが、慣れれば子テーマでガツガツとカスタマイズしていける作りになっています。

    引用元:yStandard – 一風変わったカスタマイズありきのWordPressテーマ

    6年間ブログをやっているけれど正直なことを言うと未だにHTMLやらCSSがよくわかっていません(勉強をしないのもいけないのでしょうが)。

    ブログテーマを自作していた時期もありましたが、結局時間を浪費するのももったいないので有料テーマを使ってPunksteadyリニューアルをしたのが3年半前です。

    テーマに飽きがきた、そろそろ変化のときかなと感じていたので4月末より「yStandard」に切替えました。シンプルなデザイン・カスタマイズがしやすいというのが「yStandard」の決め手でした。

    使用してみるとわかりますが、余計なモノがなく必要最低限なので使っていて気持ちがいいテーマになっています。わからないことがあればテーマ作成者のyosiakatsukiさんが丁寧に教えてくれたので助かりました。これが無料のテーマで良いのかと感じる程です。

    ついでにカテゴリーの整理もしました。親カテゴリーの下に子カテゴリーをぶら下げていたのですが、細分化しすぎるのもどうだろうと感じたので整理しつつ一旦親カテゴリーだけにしました。今後はタグも上手く活用できればと思っているのでタグの整理も行いたいなと考えています。

    カテゴリーは以下11種類です。

    • 01_Evernote(Evernoteの活用法や連携アプリの紹介)
    • 02_.Item/Toy(アイテムやおもちゃの紹介)
    • 03_iPhone/iPad(アプリの紹介や活用法)
    • 04_Camera(カメラや写真に関わるサービスについて)
    • 05_Book(読んだ本の紹介)
    • 06_Blog/Event(ブログについての生地やイベントレポート)
    • 07_Parenting(子育てに関して)
    • 08_Leisure(お出かけスポットの紹介や感想)
    • 09_Tokorozawa(所沢について)
    • 10_Life(生活の知恵や様々なサービスの紹介)
    • 11_チラ裏日記(雑記)
    中でも新設したのが「09_Tokorozawa」のカテゴリーです。所沢市在住ということで所沢について色々と発信をしたいなと思っていたのでこのタイミングで新設してみました。行った場所や美味しいもの、オススメスポットなどを紹介できたらいいなと考えています。

    テーマを変更しカテゴリーも整理したので現在は新たな気持ちになり、ブログを楽しんでいます。こういった気持ちは久しぶりです。これからちょこちょこブログのデザイン等をいじったりしながら記事も執筆していきますので引き続きPunksteadyを宜しくお願いします。
  • 9/14(土)市川ブログ合宿.vol6に参加するよ!参加者まだまだ募集中!
  • タスクセラピーブログ月1で更新中!
  • ブログのカテゴリーを再編集しました
  • ブログカテゴリーを再編成すると「これまで」と「これから」が見えるかもしれない
  • 今年定番になったiPhoneアプリ #2012app
  • May 10, 17


    カメラといえば「一眼レフでしょ!」少なくとも数年前の自分はそう思っていました。

    世界最小・最軽量(当時)の「EOS Kiss X7」を選択して今日まで使用していましたが、つい先日高級コンデジ「DSC-RX100M3」を購入しました。



    DSC-RX100M3を購入した理由

    1番の理由は使用している一眼レフがデカくて重いからです。そんなの分かりきっていたことでしょと言われればそれまでですが、時間が経つにつれて一眼レフを持ち出すのが億劫になり家でお留守番することが多くなりました。

    子どもが小さいうちは出かける機会が少なかったのですが、子どもが成長するにつれて色々な場所に遊びに行くことが増えました。ただでさえ荷物が多いのにそこにデカくて重いカメラを持って行くことに抵抗が出てきたのです。

    その結果、ちょっとした遠出や小旅行の時しか一眼レフの出番がなくなりました。自分の中でも「持ち出す・撮影する」までにかなりの熱量が必要になってしまいました。写りが全然比べ物にならないのはわかっているけどその手軽さからもっぱらiPhoneで撮影することが多くなりました。

    しかし「おもいでばこ+バックアップキット」が当選したことによって再び、綺麗な写真をたくさん撮りたいという火が自分の中でついたのです。


    だったらコンパクトで高性能な高級コンデジを使えば、出かけた時でも自宅でも気軽にパシャパシャ写真を撮ることができるしiPhoneの写真よりも簡単かつ綺麗に残すことができる!という結論に達しました。

    日常のワンシーンをいかに残すのかを考えたときに、常に持ち歩くことができるコンデジが現在の自分には合っていたのでした。(別に一眼レフがダメとかそういうわけではありません。)

    値段は安めの一眼レフを超えてくるけれど、その価値が充分すぎるほどあるなと感じます。

    グッドポイント!

    • 液晶の角度調節ができるため子どもと一緒に写真を撮る機会が増えました。(自撮りが簡単にできる!)
    • F1.8(ワイド端時) -2.8(テレ端時)の明るいレンズ。明るいって正義です。
    • USBで充電可能。モバイルブースターから充電できるから外出先でも安心。
    • アプリが必要になりますが、iPhoneへ超高速転送することができます。Eye-Fiとは比べ物にならないくらい速くて驚きました。
    • 設定がわからなければとりあえず「プレミアムおまかせオート」でボケと明るさだけ調節すればなんとかなりそうです。

    まとめ

    最近のブログの写真は全てDSC-RX100M3で撮影したものを使用しています。なんとなく綺麗に撮れているのがわかるでしょうか?使い始めるとこれはもう手放せません。

    無印・M1〜M5の中で何にしようかということも悩みましたが、性能・価格・自分の用途からバランスが取れている「M3」に決めました。もう一眼レフが必要ないのではと感じるほどの性能で大満足です。

    カメラに何を求めるのかは人それぞれだと思います。環境によっても使い方も変化していくでしょう。ただ迷ったらコレを買っておけばまず間違いはないと断言できるほど素晴らしいものです。

    これからカメラの購入を考えている人、一眼レフカメラの出番が減ってきている人はカメラについてじっくりと考えてみると良いと思います。

     
     
  • 念願のデジタル一眼レフ Canon「EOS Kiss X7」を購入しました
  • 車のヘッドレストにiPadを装着出来るマウントホルダー「Tab-X for iPad」を購入しました
  • ポスト・イットを持ち歩くようになったので「持ち歩きふせんカバー」を購入しました
  • スティックタイプではないという理由だけで「Chromecast2」を購入しました
  • 室内の快適度がひと目でわかるデジタル温湿度計「DRETEC オプシス」を購入しました
  • May 09, 17


    ホットプレートを使うと、普通の食事とは違った雰囲気になるのでちょっとしたレジャー感覚で楽しむことができてとても盛り上がります。毎週末、焼肉をしたり餃子を作ったりとホットプレートで楽しんでいます。

    2016年買ってよかったアイテム5選にも入るぐらい我が家には必須アイテムとなっています。



    先日、本屋にて「オレンジページ」にホットプレートレシピの特集が載っていたので思わず衝動買いをしてしまいました。オレンジページって簡単で美味しいレシピがたくさん載っているので個人的に大好きな雑誌です。

     
    5/29増刊号はホットプレートいっぱいに具を広げる「全面使い」特集。しかもきちんと子どものお手伝いポイントもあるため、親子で楽しみながら作れるレシピになっています。表紙に載っているライオンオムライスのインパクトが凄いですよね!

    今回はその中から「Big 広島焼き」にチャレンジしてみました。予想以上に簡単でしかも美味しくできたのでこれはオススメ!

    用意する材料

    • <生地>薄力粉100g/水1カップ
    • 卵5個
    • 中華蒸し麺3玉
    • 豚バラ200g
    • キャベツ200g
    • もやし1袋
    • いか天2枚(なければ揚げ玉)
    • 魚粉(なければ粉かつお)
    • ソース/マヨネーズ
    • 塩/こしょう
    ポイントはいか天と魚粉です。この2つの材料で旨味がアップするので必ず用意してくださいね。

    作り方


    160度に熱したホットプレートに卵を流し入れます。全体に広がるように黄身をつぶしていきます。

    広がったら蓋をして蒸し焼きにして、8等分してお皿に取り出しておきます。


    次に250度に温度を上げて豚肉と野菜を炒めます。塩/こしょうで味付けしたら、ホットプレート上で8等分にします。


    その上に揚げ玉(いか天がなかったので)と魚粉をふりかけ、隙間に生地を流し入れます。

    200度に温度を下げ蓋をして3分ほど蒸し焼きにします。


    中華麺は予め電子レンジで温めておき、ソースを絡めておきます。ホットプレートで焼かないという発想はなかった!

    野菜の上に中華麺、薄焼き卵をのせて上からギュッと押さえます。蓋をして2分ほど蒸し焼きにします。


    最後にソースとマヨネーズをかけて完成です。お好みでネギやかつを節をふりかけてください。

    まとめ

    最難関の「生地をひっくり返す」必要がないので誰でも簡単にできるのでオススメです。しかも普通の焼きそばとは比べ物にならないぐらい美味しかったです。子どももたくさん食べてくれました。

    これはもう我が家の定番メニュー入り決定です。ボリューム満点で大満足すること間違い無しです。気になった人は是非作ってみてはいかがでしょうか。

    オレンジページにはその他にも「ホットプレートで大歓声レシピ」が載っているので試してみる予定です。
  • 「父親の役割とは何なのか?」と思った時に読みたい書籍3選
  • 子供の寝かしつけのサポートに最適!魔法のぐっすり絵本「おやすみ、ロジャー」
  • 「子どもにウケるたのしい雑学」は大人にもウケるたのしい本だったぞ!
  • 親子で楽しめる「ウォーリーをさがせ!」はやっぱり凄かった!
  • 家族がいる人こそ朝型生活にするべきだと思う
  • May 07, 17

     


    「あれれ、今って西暦何年だったっけ?平成何年だったっけ?」っていうシーンって地味にありませんか?

    その度にiPhoneのカレンダーを開いたり、その他のカレンダーアプリを開いて確認するのって結構面倒だったりします。頻度としては大したことがないのですが、その都度煩わしさを感じるのは確か。ちょっとしたストレスだったりします。

    ホーム画面にアイコン表示をする方法もありますが、貴重なホーム画面のスペースを潰してしまうのもいやだ!そんな人にはウィジェットから確認することができる「和暦.jp」という無料アプリが便利です。


    ウィジェットから和暦を確認できる「和暦.jp」


    こちらが通常のウィジェット画面。日付と曜日を確認することができますが、暦までは確認することができません。

    「和暦.jp」をインストールするとこんな感じになります。


    「西暦何年?平成何年?」という場面に遭遇した時に、サッとウィジェットを引っ張ればすぐに確認することができます。入れておくと地味に便利です。

    アプリとしては使用しない(アイコンから起動する必要がない)のでフォルダの奥底に眠らせてしまって大丈夫です。設定はウィジェット画面で表示させればOKなので。

    まとめ

    「西暦」で書く書類と「平成」で書く書類が混同していたりする時や、お店や病院等での日付の記入時に地味に役に立ちます。

    「西暦下2桁+12年=平成」という式を覚えておけば良いのでしょうが、計算するよりもウィジェットを見た方が早いと思います。気になった人はぜひ試してみてください。以上ika621でした。

     
  • 利用料金から毎月934円割引する「auスマートバリュー mine」で更に通信費を節約可能に!
  • Launch Center Pro の IFTTT 連携を使うと何かと便利だ
  • Yahoo「通勤タイマー」は「乗換案内」に9月から統合されます
  • Launch Center Proに登録してある検索系URLスキームを紹介します
  • Hipstamaticをメインに写真ライフログに再挑戦してみることにしたお話
  • May 06, 17

     


    人はなぜ儚く消えていくものに惹かれるのでしょうか。ika621です。

    よく子どもとシャボン玉で遊ぶのですが、大人になっても魅力を感じるのは自分だけではないと思います。あのワクワクした感じになるのは冷静に考えてもなぜなのかは分かりません(笑)。

    先日「割れないシャボン玉」に出会いました。こんなアイテムもあるんだなとちょっとした衝撃を受けたので紹介します。



    こちらが「割れないシャボン玉」。キャップの部分を取り外すと細管が着いていて、そこに薄い膜を張り息を吹きかけることでシャボン玉を発生させます。ぱっと見た感じは普通のシャボン液なのですが、開けるとかなりドロッとした液体となっています。

    どういう化学反応かはわかりませんが、シャボン玉を発生させてから10秒ほど空気に触れることにより「割れないシャボン玉」になります。シャボン玉なので10秒経過する前に割れてしまうこともあるんですけどね。


    普通のシャボン玉だと触れると割れてしまうのですが、「割れないシャボン玉」はこのように手の上に乘せることもできてしまうのです。これは不思議です。その場で割ってみるとビニールみたいな素材が残ります。当然水で簡単に洗い流せます。


    外で遊ぶと、地面にどんどんシャボン玉が溜まっていくので不思議な光景となります。子どもはシャボン玉を割るのが好きなので踏み潰して楽しそうに遊んでいました。

    まとめ

    「割れないシャボン玉」が頭に付くとちょっぴり大変ではありますが、普通のシャボン玉とは違った遊び方ができるのでとても楽しかったです。見かけたらぜひ買って遊んでみてはいかがでしょうか?以上ika621でした。
  • セブンイレブンの冷凍つけ麺は具材付!気になるお味は?
  • ファミマの冷凍つけ麺がコスパ良好でうますぎる件
  • 複数の写真をひとつのノートに!MultiSnap for Evernote
  • Xiaomi(シャオミ)のインナーイヤホンの音質が良すぎる!コスパも最強!
  • 子供が頻繁に中耳炎になるので「電動鼻水吸引器ベビースマイル」を買いました
  • Recent Tracks
  • abcdefghijklmnopqrstuvwxyz abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
    Now Playing
    ×